UQmobile



au回線から切り替える際に、端末がau端末の場合は、mineoとUQモバイル
くらいしか選択肢がない(最近はIIJmioのAタイプというのもありますが、
こちらは少し制限がきついので今回は除外させていただきます)のですが、
今回はUQmobileの方のご紹介です。

今回自分がau端末を入手できそうなので、それに伴ってmineoとUQモバイルで
比較検討しました。
私の場合、大体どちらも3GB/月のコースになるかと思ったのですが、UQモバイル
に仕様と思ったのは、

・常にそこそこの速度が出る(らしい)
・テザリング可能(!)

という点でした。
テザリングが可能というのは結構大きく、現在使用しているタブレットに差している
SIMの回線を解除して今回契約しようとしているUQmobileのSIMを差す機器(au iPhone6 Plus)で
テザリングをすれば、2つ契約をしなくて済みます。

mineoの場合はテザリング不可ですので、この手は使えないということになります。

テザリングでは中継される機器(今回の場合ではau iPhone6 Plus)側の電池の消耗が
激しくなる恐れがあるという点が懸念されますが、もしそれで我慢できなくなれば
回線を別々にすればいいし、まずは1枚で試してみて様子を見られるということで今回
選択した次第です。

いい点ばかり挙げましたが、UQmobileで私のようにコースが明確に決められる場合は
良いのですが、コースの種類が少ない為、使い方によっては無駄な容量や、通話が
多い場合などの通話料が嵩んでしまうとか、うまくマッチしない場合が出て来そうです。

また、14ヶ月後から料金が上がったり、24ヶ月後から通信料が少なくなったりする
コース(正確には元々の値段から一定期間割引、及び容量が増量されているものが、
14ヶ月、24ヶ月で元に戻る)もあるため、サービス内容を良く見ておく必要があります。
場合によってはmineoの方が良い場合もあるので、よく検討されて下さい。



[`yahoo_users` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です