nanacoにチャージでもポイントが貯まるリクルートカード



(クリックでも申込みサイトへ)

みなさんこんにちは

今回はクレジットカードについて少しご紹介です。

タイトルに書いていますが、イトーヨーカドーグループのnanacoカードにチャージを
してもポイントが貯まるクレジットカードでかつ年会費が掛からないものの中でお得
と思われるリクルートカードについてご紹介させて頂きます。

nanacoといえばチャージしておけばイトーヨーカードーやセブンイレブンで
お買い物が出来ることはご存じだと思いますが、公共料金や税金も支払えるのは
ご存じでしょうか?
カードにチャージし、セブンイレブンなどで税金を支払うと、それだけでカードの
ポイントが1.2%貯まります。
ということは単純に税金をnanacoで支払うだけで1.2%のポイント分が節税出来る
ことになります。

1.2%というと大したことがないと思われるかもしれませんが、持ち家がある場合、
固定資産税を払うだけでも結構な金額になったりします。
また、自動車をお持ちの方は毎年の自動車税も払えます。

30万円分をnanacoで支払うと、その1.2%のポイントなので3600ポイント貯まる
ことになります。

税金は何もしていなくても強制的に取られるので、何らかの形で少しでも返って
来てくれた方がお得ですよね。

また、年会費は2160円掛かりますが、ポイント率が2.0%になるリクルートカード
プラスもあります。
無料のカードと比べると0.8%ポイント率が高いですが、カードの利用料金が低いと
損をするかもしれません。
リクルートカードプラスにした時にリクルートカードと同じ率になるのを計算すると、

2160 / 0.8 * 100 = 270000

ということで、270000円以上使用するのであれば年会費分に相当するポイントを
1ポイント=1円換算ですが差し引いた時にトントンになります。

消費税が現在8%なので2160円で計算しましたが、将来的に10%になると考えると
2200円になりますので、その場合は275000円が分岐点となります。
ここから後は使えば使うほどリクルートカードプラスの方がお得ということに
なってきます。

さて、この貯まるポイントについてですが、ポイントはリクルート系列のポンパレ
モール等であればそのまま使用することができます。
また、ポンパレ等のリクルートのサービスでクレジットカードを利用すると、
通常のポイントバック率に加えて更に上乗せされる場合があり、よりお得です。

また、ローソンやGEOレンタルなどで使用できるPontaポイントとも等価交換
でき、交換手数料も掛かりませんので色々と用途が広がります。

私も今年の固定資産税の支払いから活用していこうと思っています。

ではでは、今回はリクルートカードのご紹介でした。

[`yahoo_users` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です