カテゴリー別アーカイブ: ネットワーク

インターリンクLTE SIM 固定IP付与コースのご紹介

本日はインターリンクのLTE SIMをご紹介させて頂こうと思います。



このLTE SIMは通常の格安SIMとは少し用途や目的が違う人が使う場合が多いのかなと思います。
というのも、タイトルにも書いたとおり、このLTE SIMには固定IPが付与されるということです。

固定IPというのは何か?と思われるかもしれませんが、インターネットにアクセスする場合、自分の端末を識別する為のIPアドレスというものが、回線業者より付与されます。
このIPアドレスというのは一般の人が契約する場合多くは回線業者の今空いているIPアドレスが割当てられるので、固定ではありません。コロコロ変わったりします。

固定IPでは、この付与されるIPアドレスが常に固定されて同じアドレスになるということです。

では、固定IPであれば何が良いのか?と思われるでしょう。

まず固定IPで一番恩恵を受けるのは、自前でサーバを運営する場合です。
例えば自宅のPCにファイルを置いておき、それを出先から取りたいというような場合、IPアドレスが固定されているといつでもそのアドレスに向かってアクセスをすれば自宅のPCのアドレスになります。

これが固定ではない場合、アクセスしようと思ってもその時に割当てられているIPアドレスが何かわからないため、別途そのアドレスを常に監視するようなサービスを用意する必要が出てきます。

ただし、今回はLTE SIMであり、転送容量に制限があります。(インターリンクさんのLTE SIMのコースには128kbpsの使い放題のコースもありますので、これであればサーバ用途でも使えないことはないと思います。速度はあまり速くないので軽いファイルでないと転送に時間がかかりますが・・。)

また、LTE SIM自体モバイル端末に使うような用途が多いと思われるので、自宅のサーバにこのSIMを使用するというのは少し違う感じがします。

とすると、次に考えられる用途としては出先でのモバイル端末からの会社や自宅へのVPN接続です。
またVPNとかいう良くわからない言葉が出て来た、と思われた方や、VPNかーと知っている方もおられるかと思いますが、VPN接続の場合、自分の端末が固定IPアドレスであるメリットはあると思います。

VPNについて軽く説明しますと、VPNというのはVirtual Private Networkというもので、外の回線に繋いではいるが、それがあたかも家の中でのネットワークのようにプライベートなネットワークとして使える技術です。

家庭内ではルータで外の回線に接続していると思いますが、家の中ではPCのIPアドレスはプライベートIPアドレスの192.168.0.xxxというようなアドレスになっていると思います。
これは家の外では通用しないIPアドレスで、当然外からこのアドレスを使ってはアクセス出来ません。

VPN接続をするとこれが外にいてもプライベートIPアドレスで接続出来、例えば外からのアクセスを遮断しているようなPCへもアクセスが出来たりします。

で、このVPNですが、接続時にアクセスキーの交換(IKE)というような段階を経て、その他にも色々と複雑な手順を踏んで接続に至る訳なんですが、上記アクセスキーの交換(IKE)にはメインモードとアグレッシブモードという2つのモードが有り、固定IPの場合メインモードが使用できるようになります。

メインモードというのは接続先が固定IPアドレスでないといけないので、IPアドレスが変わると鍵交換に失敗してしまいます。逆に言うと固定IPアドレスでなくても使えるアグレッシブモードを使えばいけるのですが、これだとアクセスキーがわかってしまうと自分以外でも接続出来てしまうので、セキュリティ的に弱くなります。

セキュリティ的に気になる人は固定IPで家に向かってVPN接続が出来るというのはメリットかもしれません。

とまあ、超長くなってしまいましたが、このような、ある意味一般的ではない用途では、今回紹介するインターリンクさんのLTE SIMプランは面白いかなーと思ったのと、今回プランが値下がりしましたのでご紹介させて頂いた次第です。

料金ですが、

■1GBまで高速プラン 固定IP1個  

月額 1,728円 → 1,458円 (270円値下げ)

■2GBまで高速プラン 固定IP1個

月額 2,268円 → 1,566円 (702円値下げ)

■3GBまで高速プラン 固定IP1個

月額 2,700円 → 1,728円 (972円値下げ)

※【128kbpsで使い放題プラン 固定IP1個】は据え置き1,080円です。

となっています。

VPNをお考えの方はインターリンク様のLTE SIMコースを考えて見られてはいかがでしょうか?

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

お疲れ様でした。

[`yahoo_users` not found]

IIJmio少し使ってみた感想

皆さんこんにちは

先日入会したIIJmioを数日使った感想です。

、、、

特に問題ないです。

、、、

と、書いてしまうと全然参考にならないので、もう少し書いてみようと思います。

Biglobeとの対比で書いていこうと思います。

iPhone6・最新のiOSにも対応/IIJmio格安SIM

vs

BIGLOBE LTE・3G\

今のところ一番安いコースの転送量、価格に関してはBiglobe、IIJmioともまだ2GB/900円/月なので同じ条件です。

低速モードに関して、

まず、Biglobeは低速モードがありません。
月間の通信量が余っている間は常にフルスピードで使用し、その間残り転送量は減り続けます。
さらにその状態(フルスピード状態)の間でも、次の転送量を超えると通信速度が200kbpsに制限されます。

エントリープラン(2GB/900円/月)の場合、3日で360MB
ライトSプラン(5GB/1505円/月)の場合、3日で600MB
ライトMプラン(7GB/2838円/月)の場合、3日で1GB
スタンダードプラン(10GB/3878円/月)の場合、3日で1GB
※価格はすべて税抜

IIJmioはフルスピード状態(クーポンオン状態)、低速状態(同オフ状態)を切り替えられ、低速状態で3日間で366MBを超えると通信制限がかかりますが、クーポンが残っていて、クーポンをオンにしてフルスピード状態にすればクーポンがなくなるまではフルスピードで使用できます。

こう考えると好きな時に低速/高速を切り替えられるIIJmioの方が使用状況に合わせられて融通が利きそうです。

ただ、低速時366MB/3日を超えている状態だとどちらのプロバイダも大差はないと思います。

こうなると最後はやはり転送量になってくるのかなぁ?
という気もします。

出来ればどちらのSIMも同じ環境で速度や、レスポンス等を比較したいですね。

うちの場合はBiglobeのSIMがiPadに挿さらないので同じ環境にできないですが、それでも傾向は分かるかもしれないので時間が出来れば試したいと思います。

ではでは、今回はこの辺で…

[`yahoo_users` not found]

Buffalo製 NAS LinkStation 2TBが8480円で販売中

Buffalo製のネットワーク対応ハードディスク(NAS,2TB)が、8480円で販売中。
ナイトセール価格なので明日の朝8:00までの価格となります。

NTT-Xのセールお得意のESETパーソナルセキュリティの1年ライセンスも付いているのでどちらもお持ちでない方は結構お得です。

3/19 23:00現在の機器単体の価格.comの最安値は8980円です。

複数台のPCや携帯機器からアクセスするような環境にある人はこういう装置を持っておくと便利じゃないでしょうか?

[`yahoo_users` not found]

NEC最新モバイルLTEルーターMR03LNとOCNスターターパックが15300円で販売中!→あっという間に完売



ただ今AmazonのタイムセールでNECの最新モバイルLTEルーター MR03LNとOCNスターターパックのセットが15300円で販売中です。

→あっという間に完売してしまいました・・・。残り時間は私が記事を掲載した時は11時間くらいあり、在庫も120~130あったはずなのですが・・・。(3/19 13:34追記)
ただ、今でも19980円なので少し前よりは安い感じです。

Amazonでの通常価格は22488円です。

—— 以下前の記事の文章です
これはかなり安いと思います。

私もMR03LNをもっていますが、本体のみで大体24000円位で購入してるのでこういうのがあると凹みます。
(というか最近余りにもこういうのが多くて狙われてる感じがするのは私だけなんでしょうか・・・)

タイムセール&数量限定なので狙っている方はお早めに!

[`yahoo_users` not found]

IIJmioの申込み手順について

みなさんこんにちは

一昨日IIJmio申し込んだという記事を書きましたが、手順についてはインターネットから申込みをするのではなく、まずスターターパックの購入から始めます。

実のところIIJmioのサイトから申し込むことも出来るのですが、そうするとAmazon等で買うよりも初期費用が高くなる上届くのも1週間程度掛ってしまうため、ほとんどの場合Amazonやショッピングサイトで買った方がお得です。(IIJmioのページから申込みを進めて行っても、直接申込みとショッピングサイトから購入するという選択肢に分かれます)

I直接申込んだ場合3000円掛りますが、Amazonで購入した場合では下記のように2000円ですみます。
到着までの時間は私の場合、注文したのが夜の11時頃でしたが2日後には届きました。

多分午前中~昼くらいに注文すれば、次の日には届くのではないでしょうか?(お店の発送状況にもよると思うのであくまで自分の主観ですが・・)

上記のスターターパックを購入すると、中にSIMカードやコードの書かれたカードや入会に関する説明がかかれた紙が入っているので、その指示に従って手続きを進めます。

現在売っているのはほとんどnanoSIMカードみたいで、マイクロSIMカード等の場合は下記のようなnano→マイクロSIM変換用のソケットも買う必要があります。

結構高い物もありますが、上記のような物で十分でしょう。
最近のiPhoneやiPadではnanoSIMなのでそのままでいけます。

注文した商品が届いたら下記のIIJmioのサイトに行き、申込みを行ないます。

iPhone6・最新のiOSにも対応/IIJmio格安SIM

完了すると即時に使えるようになります。

スマホアプリ(みおぽん)で残容量等もわかりますし、高速←→低速の切替も行えます。

低速時は転送量のカウントはされていますが、残容量は減りません。
スマホを使っていない間に送られてくるPUSH通知などは低速モードで十分ですから、自分が画面を見ていない間は低速にしておくのも手かも知れないですね。

一応知っておいた方が良い情報としては、低速の設定のまま3日で366MBの転送量を超えると制限が掛るかも知れないということです。

ただ、低速で366MBを転送するのは結構大変ですので余り超えることはないかと思われます。余程連続して転送をした場合には超えるかも知れないですが・・。、

高速モードの場合は転送すれば転送量が減っていきますので、残り転送量が0になるまでは3日366MBといったような制限はありません。

[`yahoo_users` not found]

IIJmioにも入ってしまった・・・

こんばんは

先日IIJmioの紹介をさせて頂きましたが、結局Biglobeに続いてIIJmioの方も契約してしまいました・・・

iPhone6・最新のiOSにも対応/IIJmio格安SIM

なぜこんなことになってしまったかと申しますと、、話せば色々と長くなってしまうのですが・・・。

元々私は第3世代のiPadを使ってまして、日本のLTEには対応していませんでした。

なので、BiglobeのSIMをNECのモバイルルーターと抱き合わせでSIM900円+ルーター980円という契約をしたんです。

が、、、3年使ったiPadが数回のOSバージョンアップで日本語入力も支障をきたす位遅くなり、我慢できなくなってiPad Air2を買ってしまったんです。しかもアップルストアでSIMフリー版を・・・。

そうすると日本のLTEに対応している機器を持っているにもかかわらず、別にモバイルルーターを持ち歩くというのが急激にうっとうしくなり、直接SIMを差したい欲が爆発的に上がってきました。

そこで、何通りか対処方法を考えました。

1.現在のBiglobeのSIMを3000円の手数料を払ってnanoSIMにサイズ変更して差す
 これが一番お金が掛らない方法なんですが、そうすると折角980円/月払っているモバイルルーターが全くの無意味になってしまう・・・。変更に3000円を払うのも癪、、ということで次の案にいきました。

2.他のSIMをもう1枚契約する
 SIMカードが2枚になってしまいますが、モバイルルーターは嫁さんや他の外出用途で使うことにして、もう一枚契約してしまうという案です。

3.解約金を払ってIIJmioに変更する
 Biglobeが容量的にお得感がなくなってしまったため、いっそのこと機器代金分の解約手数料を払って解約をし、IIJmioに乗り換えようかと考えました。初期投資はでかいですが、その後は900円/月(税別)だけで済みます。
 解約手数料といってもほぼ市場で売っている機器代金の残額を払う感じなので、金額総額でいうとそれ程のダメージではないのですが、iPad Air2を買ってかなり消耗してしまっているため、この案は厳しい感じでした。

 てな感じでさんざん悩みまくったんですが、結局先の記事のお得感もあるということで、2のIIJmio追加契約をしてしまったのでした。

 それが昨日のことなんですが、その際に気づいた点を参考までに書かせていただきますと、IIJmioの場合私のように月の途中で契約をした場合、月額料金は日割りになるんですね。

「お?そうすると月の途中で契約した方が安くなってお得なのかな?」と思われるかもしれませんが、転送量も日割りされます(笑)。まあそううまい話はないということで(^^;

ともあれ、4/1からは転送量が3GBに増量され、税込で月々972円なので、安さを求めるならIIJ一押しです。
申し込む人の環境にもよりますが、SIMカードだけあればいいという人であれば今のところは選択肢として一番ススメできると思います。

その他の条件をもろもろ考慮すると別プロバイダを選択する余地も出てきますので、それは現在制作中のまとめサイトにてご紹介できればいいなと思っています。
(思っていますが、なかなか制作が進んでいませんのでこちらにて小出しにさせていただいてます。すみません・・・。)

ではでは、今回はこの辺で・・・。

読んでいただきありがとうございました。

[`yahoo_users` not found]

IIJmioがコスパ最強に君臨か?

どうも、お久しぶりです。

なかなか更新が出来なくてすみません。

先日IIJmioのLTE SIMの転送量の上限を引き上げる発表がありました。

iPhone6・最新のiOSにも対応/IIJmio格安SIM

実際に引き上げになるのは4/1~ですが、これにより今までミニマムプラン2GB/900円(税別 以下略)で、
Biglobeと同じ水準だったのが、3GB/900円と、一気に
1.5倍も差を付けることになります。

他社の3GBプランを見ると大体1280円~1580円程度であり、おそらく追従してくる他社もあるとは思いますが、これまでのLTE SIMの価格水準が崩れてきそうです。

他のプランも増量されていますが、増加率が一番高いのは一番安いミニマムプランです。

ミニマムプラン:2GB→3GB(+50%)
ライトスタートプラン:4GB→5GB(+25%)
ファミリーシェアプラン:7GB→10GB(+42.85%)

今はまだすべてのプランは増量していないので注意をして下さい。
ただ、今入っても特段移行手続き等を経ることなく自動的に4/1からは3GBに増量されるので、今SIMがなくて早く通信したい人は今から入っておいても特に問題にはならないと思います。

ついでに書くと、IIJmioの特徴として転送量をクーポンという概念で10MB毎に分けてそれを配って消費するという方式をとっているのです、ひと月で使いきれなかったクーポンは次月に繰り越されるようになっています。
これにより、少しくらい転送量にムラがあっても、毎月リセットされてしまうコースよりは効率よく使えるように配慮されています。
このクーポンは毎月1日に割り当てられ、有効期限はその次の月の月末までとなっています。

少し前にBiglobeに入ってしまった私としては、是非ともBiglobeもIIJmioに追従して欲しいと願っています。

くやし~!(^^;

[`yahoo_users` not found]

モバイルLTE端末、格安SIMはどれが良いのか?

以前の記事でWiMAX端末からモバイルLTEルーター(+SIM)に変えたことは書かせてもらいましたが、最近はあちこちから格安SIMが出ていて何がいいのか悪いのか良くわからない混沌とした状態になっていますね。

安い!と思っても結構細かい規約とかまで目を通さないと思わぬ落とし穴があったりして(解約期間があるもの等)色々悩ましい限りです。

と、いうことで、LTEのSIMは結局どれが良いのか?ということをなるべくあちこち調べたり、細かいところを読まなくても気を付けないといけない点をまとめたページを本サイトの特設ページとして作ってみようかと思っております。

現在各社ページを調べておりますので少々お待ち下さい。m(_ _)m

[`yahoo_users` not found]

DMM 格安SIM 月々660~ (データプラン)




(画像クリックでサイトへ飛べます)

DMMのデータSIMは1GBの通信料制限がありますが月々660円とかなり安い部類に入ります。
ちなみに私はBiglobeのSIMを使っているのですが、一番安いプランで2GBで900円です。
ですが、実際に1ヶ月使ってみると通信料は1GBちょいくらいしか使っていませんでした。
まあ余裕があるのはいいことなのですが、私のように少し節約すれば1GBに収まるような人であればこのコースは最安クラスですね。
また、1GBを超えても200kbpsの速度制限は掛りますが、通信自体は出来ますのでご安心下さい。

この他、3GBまで1280円、5GBまで1780円のプランや、通話も出来るSIM(1GB通信まで月1460円、通話料別途)など、細かく設定されているのもよいところです。
ただ、通話SIMには最低12ヶ月使用の縛りがあり、12ヶ月以内の解約は解約金9000円が掛かるので注意が必要です。(データSIMには最低利用期間はありません)

現在、申込み月を含む2ヶ月間は全コース基本料金無料となります。
2/1に申し込むのが一番お得ですよ!!(^^;

また、通信機器を持っていない人はSIMフリースマホとのセットもあります。
この場合は機器代金の分割分+通信費(660円~)が毎月の料金になります。

3GBのプランはBiglobeにはないコースで、2GBは超えるけど5GBもいらないよな~って言う人にはもってこいだと思います。

段々と選択肢が増えてきたのでユーザーとしては嬉しい限りですね。

[`yahoo_users` not found]

DynDNSの15%OFFクーポン

どうも皆様お久しぶりです。

ダイナミックDNSの15%OFFクーポンが来ていましたのでご紹介させて頂きます。

DynDNSは固定IPを持たない一般的な家庭用のインターネット回線でも、常に同じドメイン名で外から自分の家のネットへアクセスさせたい場合(自宅サーバを設置したりした場合)に、アクセスを出来る用にするサービスです。

自宅サーバの方にはIPアドレスが変更されたことを検知してDynDNSへ情報をアップデートするモジュールが色々あります(DiCE等)ので、それを使用して自動更新するようにします。

このサービスは私も利用しているのですが、以前は無料で使用できたのですが、通常使うであろうDynDNS Proサービスは、現在は年間$25と少々お高くなっています。少しでも安く出来ればということで、自分のアカウント向けに来ていた15%OFFクーポンを紹介させて頂きます。

決済時にクーポンを入力する場所がありますので、そこに以下のクーポンコードを入力して下さい。

クーポンコード:RFE2Q952Q0

そうすると15%OFFとなります。

ある一定期間が過ぎると使えなくなってしまうようなので、いつまで使えるか不明ですが一応ご紹介させて頂きました。

ではでは。

[`yahoo_users` not found]